日本ペット用品工業会概要

ペットと人の幸せな生活環境を創造すること。
ペットと人の安全・安心をまもること。

 

一般社団法人日本ペット用品工業会とは

 一般社団法人日本ペット用品工業会は、安全かつ高品質なペット用品の製造販売と普及に努めるもともに、ペット文化の啓蒙・育成に取り組み、ペット業界の健全な振興と発展に寄与することを目的としてペット用品メーカーで組織した業界団体です。
 昭和60年2月日本ペット用品工業会として発足以来、ジャパンペットフェア、ビジネスショーなどのフェアやトレードショー開催を始めとして、ペット用品に関する統計・調査活動、他団体、海外関連団体との交流の他、ペット用品に関連する各種問題への対応を行っております。
 
名称 一般社団法人日本ペット用品工業会
JPPMA
(Japan Pet Products Manufacturers Association)
設立 1985年2月1日
2009年6月1日一般社団法人化
会員数 75社 (2016年10月現在)
事業目的
  • ペット飼育者の信頼に応える安全・安心且つ適切なペット用品・フードを提供し、併せて正しい使用方法等の啓発を目的とする。
  • ペットと人が共生することの「価値及び有益性」を積極的に発信し、我が国における健全なペット飼育文化の発展に寄与することを目的とする。
事業内容
    
 
(1) ペット用品・フードの安全性・品質向上の啓発及び普及。
(2) ペット用品・フードの正しい使用方法等とペットの飼育拡大に関する啓発。
(3) 他ペット関連団体、官公庁との協調及び組織の強化。
(4) ジャパンペットフェアの開催。
(5) ペット業界に関わる次世代経営者の育成助成。
(6) その他、目的達成に必要な事項。
役員 理事:13名 監事:2名
  

組織図 

(2016年7月27日現在)
 

ページ TOP